季節の便り | 野沢菜

2017年11月05日

野沢菜の収穫。[野沢菜]

2017.11/3

柄沢ゲレンデの畑で栽培してきた野沢菜。

今日は収穫して漬け込みを始めます。

ここ最近の台風でかなり倒されてしまい
あまり良い出来ではなく、残念です。

s-IMGP5089.jpg

風であおられて、大きいものほど葉が
折れてしまい...。

我が家だけでなく、ご近所さんも良い出来では
ないようです。

s-IMGP5091.jpg

まあ、気を取り直していきましょう。

今日は秋晴れだったので、大当たりの天気。

予定通りの量を採ることができました。

最後に、今日の一枚。

s-IMGP5099.jpg

カンダハーコース付近の紅葉、
青空と白い雲。

空気が澄んでいて、気持ちのいい午後三時です。

ところで、この雲は「いわし雲」なんでしょうか?

2016年11月12日

野沢菜の漬け込み。[野沢菜]

2016.11月

秋も深まり、寒くなってきました。
長期天気予報では、冬の北信州の積雪量は平年並みとのこと。
去年は記録的な暖冬と小雪だったので、平年並みでも豪雪に
感じるかも知れません。

今日は、我が家の畑(柄沢ゲレンデ内)で野沢菜の収穫です。

s-IMGP4444.jpg

秋の天候不順で生育が心配でしたが、程よい大きさで上出来です。

隣の畑では、近所のおじさん、おばさんも作業中ですね。

s-IMGP4445.jpg

今年の野沢菜も良くできました。
丁寧に取り入れ、畑に寝かしておきます。

s-IMGP4446.jpg

これは、硬い茎の部分がしんなりするようにして、お菜洗いの時に
折れないようにするためです。
おおむね10kgの束にして、自宅まで運びましょう。

s-IMGP4448.jpg

一株一株ずつお湯できれいに洗い、漬物桶へ。

s-IMGP4454.jpg

s-IMGP4456.jpg

塩と鷹の爪(他は秘密)で味付け、大きな重石で漬け込みます。

樽から溢れるくらいですが、これくらいで大丈夫。

s-IMGP4457.jpg

寒い漬物部屋の中で漬かるのを待ちます。
12月末頃には美味しく出来上がるでしょう。

2015年11月06日

今年も野沢菜が良くできました。[野沢菜]

2015.10/31・11/1

秋が深まってきました。
野沢温泉でも寒い日が続き、暖房機やこたつが
各家庭にお目見えです。

今日は朝から野沢菜の収穫です。

柄沢ゲレンデ上部の紅葉は終わり。第一リフトの
中間位が、今日はきれいですね。

s-IMGP3556.jpg

柄沢から妙高山方面を見ると...。

s-IMGP3561.jpg

寒い朝、空気が澄んでいて良い景色です。
この間、雪が舞ったようですが、消えちゃいましたね。

今年の我が家の野沢菜です。

s-IMGP3549.jpg

大きすぎず、固すぎず、良くできました。

s-IMGP3548.jpg

収穫は一株ずつ手作業です。茎が折れないように
慎重に採っていきます。

s-IMGP3552.jpg

手前の大根は、11月中旬に収穫予定です。

採った野沢菜は、軽トラックで家まで運び
お湯できれいに手洗いします。

漬け込みは、塩と唐辛子の伝統的な味付け。

唐辛子も自家製です。

s-IMGP3559.jpg

12月中旬には、「自家製野沢菜」が出来上がり。

美味しい野沢菜を食べに、野沢温泉へ
お越しください。

2015年09月13日

野沢菜の間引き。[野沢菜]

2015.9月

我が家の柄沢ゲレンデの畑では、野沢菜の
栽培を始めています。

s-IMGP3377.jpg

一直線に緑のラインが続いてます。

近くで見ると、こんな感じ。

s-IMGP3380.jpg

密植した状態から、大きな野沢菜になるように
手作業で苗を間引きます。

s-IMGP3382.jpg

かなり根気のいる作業です。

この時に間引いた菜っ葉を、源泉でさっと茹でて
いただく。

鯛の刺身より美味しい?と言われる
「野沢菜の一番間引き菜」です。

この時期だけの旬の味。私は大好きですね。

天気が良いので、柄沢ゲレンデの上部へ。

柄沢スキーコース真ん中の大きな松の木。

s-IMGP3386.jpg

野沢温泉では珍しい松の巨木です。
松の下ではススキが風に揺れています。

まだ、紅葉が始まっていませんが、確実に
秋の気配が感じられますね。

2014年11月01日

野沢菜の収穫。[野沢菜]

2014.11/1

今日は朝から小雨まじりの天気。ちょっと
寒いですが作業開始です。

我が家の柄沢ゲレンデにある畑では、
野沢菜が大きく育ち、収穫を始めました。

s-IMGP2189.jpg

左は「大根」、真ん中の大きな葉が「野沢菜」。

s-IMGP2185.jpg

一株ずつ丁寧に切り取り、株の部分は捨てて
しまいます。ちょっともったいない気もしますが...。

s-IMGP2192.jpg

野沢温泉産の「野沢菜」です。美味しそうでしょ。

これから、「お菜洗い」です。
土や汚れを落とし、きれいにしてから大きい
漬物樽に漬け込みます。

12月中旬には、自家製「野沢菜」の出来あがり。
冬の食卓にはかかせない、地元の漬物です。