季節の便り | 野沢菜

2015年09月13日

野沢菜の間引き。[野沢菜]

2015.9月

我が家の柄沢ゲレンデの畑では、野沢菜の
栽培を始めています。

s-IMGP3377.jpg

一直線に緑のラインが続いてます。

近くで見ると、こんな感じ。

s-IMGP3380.jpg

密植した状態から、大きな野沢菜になるように
手作業で苗を間引きます。

s-IMGP3382.jpg

かなり根気のいる作業です。

この時に間引いた菜っ葉を、源泉でさっと茹でて
いただく。

鯛の刺身より美味しい?と言われる
「野沢菜の一番間引き菜」です。

この時期だけの旬の味。私は大好きですね。

天気が良いので、柄沢ゲレンデの上部へ。

柄沢スキーコース真ん中の大きな松の木。

s-IMGP3386.jpg

野沢温泉では珍しい松の巨木です。
松の下ではススキが風に揺れています。

まだ、紅葉が始まっていませんが、確実に
秋の気配が感じられますね。

2014年11月01日

野沢菜の収穫。[野沢菜]

2014.11/1

今日は朝から小雨まじりの天気。ちょっと
寒いですが作業開始です。

我が家の柄沢ゲレンデにある畑では、
野沢菜が大きく育ち、収穫を始めました。

s-IMGP2189.jpg

左は「大根」、真ん中の大きな葉が「野沢菜」。

s-IMGP2185.jpg

一株ずつ丁寧に切り取り、株の部分は捨てて
しまいます。ちょっともったいない気もしますが...。

s-IMGP2192.jpg

野沢温泉産の「野沢菜」です。美味しそうでしょ。

これから、「お菜洗い」です。
土や汚れを落とし、きれいにしてから大きい
漬物樽に漬け込みます。

12月中旬には、自家製「野沢菜」の出来あがり。
冬の食卓にはかかせない、地元の漬物です。

2013年03月10日

野沢菜の袋詰め。[野沢菜]

2013.3/10

今日は朝からみぞれまじりの雪が降っています。あまり、スキー・ボードには
良い条件とは言えませんね。

一部のお客様はゲレンデへ行かずに、朝風呂に入ったり、お土産を買い求めに
出かけたりと、思い思いに楽しんでいます。

これは、我が家の柄沢ゲレンデにある畑で栽培し、家族で収穫、お菜洗い、
伝統的な味付けの「自家製野沢菜漬」。

漬物部屋(野沢温泉では、大概の家にあります。面白いでしょ。)の、氷が
張るような冷たい樽に漬けてあります。

s-P1030844.jpg
添加物はほとんど使っていません。まさに地元の「野沢菜漬」です。

市販されているものとは、明らかに違います。ですが、これは冬季限定。
漬物樽が空になったら、来年までありません。

ご希望の方には、こんな感じに包装してお渡ししています。

s-P1030843.jpg
野沢温泉のお土産では、一番人気でしょう。

他には、「温泉まんじゅう」と「はんごろし(野沢菜の辛い漬物)」、
「地酒(日本酒)」がおすすめですね。

2010年11月07日

野沢菜の収穫[野沢菜]

我が家の柄沢ゲレンデの野沢菜を収穫しました。
これから、きれいに洗い漬け込みです。
浅漬けから古漬けまで、冬の食卓にはかかせない、自家製
「野沢菜漬け」です。

s-P1000631.jpg
大きくて立派です。

2010年11月01日

野沢菜が大きく![野沢菜]

10月下旬、柄沢ゲレンデの畑の野沢菜です。
先日には、山に雪が降ったり季節はずれの台風がきたりと、
荒れた天気でしたが、十分な大きさに育っています。

s-P1000596.jpg
収穫までもうすぐです。