ホーム > 季節の便り > 地域の話題

季節の便り | 地域の話題

2016年04月12日

ちょっとびっくり、4月の雪。[地域の話題]

2016.4/12

この冬は暖冬で、我が家では雪下ろしを1度も
しないままに、冬が終了。

となりの飯山市では、桜と菜の花が咲いて
早くも春が来た感じ。

でもでも、昨日(4/11)から本当に寒い!

今日の朝の「中尾の湯」。

s-IMGP3727.jpg

桜の蕾が膨らみ始めてきたと思ったら、この積雪。

寒いわけです。ちょっとびっくりしました。

野沢温泉へ行く幹線道路、通称「かんがる坂」は
この状況です。

s-IMGP3729.jpg

タイヤ交換しなくて正解でした。

すぐ横を見てみると...。

s-IMGP3732.jpg

完全に冬景色。

野沢温泉でいうところの「春の荒くれ陽気」です。

すぐに気温が上がり、平年並みになると思いますが、
これだけ寒暖差があると体がついていかないですね。

現在、やまびこゲレンデでは、FISのアルペンポイント
レースの大会「野沢温泉カップ」が開催されています。

選手の皆さんは、ワックスの選択が難しいと思いますね。

2016年04月12日

善光寺と城山公園の桜。[地域の話題]

2016.4/10

4月に入り、桜前線が北上して来ましたね。

野沢温泉では桜の開花は先ですが、長野市は
満開になりました。

長野市の桜の名所は「城山公園」。
善光寺のすぐ近くにあり、今日は満開です。

s-IMGP3698.jpg

s-IMGP3699.jpg

あいにくの曇り空ですが、暑くもなく寒くもなく
花見を楽しむことができました。

城山から「信濃美術館」の横を少し下ると「善光寺」。

参拝に行きましょう。

s-IMGP3723.jpg

表参道と違い、城山側からの参道は人通りもまばら。
観光客の皆さんには、あまり馴染みがないんですね。

「善光寺」と桜。

s-IMGP3718.jpg

いかがですか?
本当にきれいですね。

落ち着いた雰囲気の中、とても良い花見になりました。

2016年02月08日

本当に雪のすくない冬。[地域の話題]

2016.2/8

全国的に暖かく雪の降らない冬。

豪雪地として知られる野沢温泉ですが、
毛無山の頂上「やまびこゲレンデ」の
積雪は160cm。

例年なら300cm以上は当り前なんですが...。

今日の我が家の前の様子です。

s-IMGP3663.jpg

道路には雪が全くありません。まるで春の陽気。

ちょうど、外国人の男性が「中尾の湯」から
あがってきました。坂を歩いていますね。

2012(平成24年)2/12、我が家の前の雪の壁。

s-P1020787.jpg

道路に張り出した雪庇が危険なので、削って
います。

すごい積雪量。気温も低く凍える寒さです。

そして今年の冬。

s-IMGP3661.jpg

きれいな青空。雪壁の高さの違いに驚きです。

ちなみに、今シーズンは、屋根の雪下ろし
一回も行っていません。
もしかしたら、このまま春になってしまうかも。

春スキーに来るお客さんのためにも、雪が降って
欲しい。今日この頃です。

2016年01月31日

中尾の湯の雪下ろし。[地域の話題]

2016.1/31

暖冬で雪不足の今年ですが、やっぱり野沢温泉。
屋根の雪下ろしが必要になってきました。

今日は共同浴場「中尾の湯」の雪下ろしです。

地区内の隣組(我が家は4組)で行うのですが、
今回は4組の順番です。

s-IMG_0401.jpg

午前11時に集合。とっても良い天気、暖かくて
雪下ろしには最高です。

屋根の上から見ると...。

s-IMG_0407.jpg

結構な高さがありますね。落ちたら大怪我です。
注意深く足場を固めて下へ落とします。

s-IMG_0404.jpg

軽い雪なので、簡単にさくさく作業が進みました。

s-IMG_0416.jpg

雪下ろしは終了。これで大雪が降るまで一安心です。

今回は近所の外国の方も一緒に作業したんですよ。
思わぬ助っ人に大助かりでした。

2016年01月24日

道祖神祭り(平成28年)[地域の話題]

2016.1/15

重要無形民俗文化財
野沢温泉の道祖神祭りが開催されました。

祭りの中心となるのは、今年の42歳厄年「煌心会」
25歳厄年「申祐会」の皆さんです。

15日13:30頃、花火が上がり社殿が完成したようです。

s-IMG_0395.jpg

雪不足の今年、大量の雪を搬入して会場を作り、
皆で協力して建てた立派な社殿です。

子供が生まれた家では、感謝の意と子の成長を祈願して
燈篭(傘鉾)を奉納します。

今年の燈篭は3本。
松葉の富半さん、富井太一くん。
松葉の笹久さん、笹岡匡くん。
大湯のさかやさん、森雪美さん、大雪くん。

家族、親類縁者の願いがこもった美しい燈篭が
社殿の周りに到着。

火元の家で採火された火が会場へ運ばれると
いよいよ祭りが始まります。

IMG_0539.JPG


IMG_0541.JPG

社殿を守る厄年の男達と、攻めるそのほかの村の
男達の火の攻防戦が続き、手締めをして終了。

社殿に火が入れられました。

IMG_0563.JPG


IMG_0575.JPG

いよいよ子供の成長を願って、社殿に燈篭を入れ
奉納します。

燃え盛る社殿へ、なるべく近づいて入れるんです。
熱さを我慢して慎重に近づいていきます。

IMG_0590.JPG

見事に燈篭が社殿へ入れられ、祭りは最高潮に...。

IMG_0608.JPG

燃え上がる社殿。今年の祭りも、無事に終了です。

IMG_0609.JPG

江戸時代の中期、天保十巳酷亥年(1839年)には、盛大に
行われていた野沢温泉の道祖神祭り。

勇壮な祭りを見に、野沢温泉へお出かけください。

<<前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |