季節の便り | 風景

2013年09月29日

北信五岳「戸隠山」①[風景]

野沢温泉から長野市方面へ。北信五岳の名峰「戸隠山」へ
登ってきました。

s-IMGP0293.jpg
戸隠神社奥社の立派な杉並木です。

この参道を歩いていくと、登り道が‥。

s-IMGP0295.jpg
修験者が多く訪れた神聖な山です。

ここは「百閒長屋」。

s-IMGP0315.jpg

尾根の間、霧の下に「鏡池」が見えます。

s-IMGP0326.jpg

鎖場を登ります。

s-IMGP0328.jpg
ほぼ垂直に近い岩壁の登り。横にトラバース、また登り...。

登り始めの位置が標高1,730m位。登り切った所の標高が1,810m位。
約80mの急峻な岩壁を登ります。用心して行きましょう。

いよいよ「蟻の戸渡り」です。

s-IMGP0342.jpg
ここは滑落事故が多いところ。写真では感じないかも知れませんが、
左右に切り立った崖は200m位下まで見えて、ものすごい恐怖感が
あります。

でも、ここと次の「剣の刀渡り」を越えないと山頂に着きません。

山頂の方から見てみると‥。

s-IMGP0365.jpg

距離は「蟻ノ戸渡り」(約20m)、「剣の刃渡り」(約5m) です。

とにかく両側がスッパリ切れ落ちた礫岩状の痩せ尾根で、年月が
経つたびに痩せてきているとの情報も有ります。

歩ける幅は50cmから20cm位かな?

もちろん平らではないし、写真の人のように尾根に立つのはかなり
危険です。

本当に緊張して渡りました。かなり怖い、レベルの高い尾根でした。

2013年07月14日

八ヶ岳「赤岳」山行。④[風景]

2013.7/7

長野県と山梨県北杜市にまたがる赤岳(標高2,899m)へ
登りました!

昼食場所の赤岳頂上山荘へ。ここは限りなく山頂に近く、
晴れていれば絶景が楽しめる、憧れの山小屋です。

s-IMGP0567.jpg

おにぎりとカップラーメン、それにお菓子とコーヒー。
山で食べれば最高の美味しさ。でも、景色は霧で全く見えません。

下山しましょう。帰りは「地蔵の頭」から行者小屋へ下る
ルートを選択しました。

s-IMGP0568.jpg

s-IMGP0571.jpg
赤岳天望荘、お風呂がある山小屋です。

地蔵尾根の分岐から、下って行きます。

s-IMGP0572.jpg

s-IMGP0573.jpg

今日は予報では晴れでしたが、霧にやられました。一日中
霧の中をさまよったみたいです。

s-IMGP0578.jpg

行者小屋に着きました。相変わらず山頂方面は霧の中。でも
雨が降らないだけでも良しとしますか。

また、天気の良い日にリベンジします。これから野沢温泉へ
帰りましょう。

2013年07月14日

八ヶ岳「赤岳」山行。③[風景]

2013.7/7

長野県と山梨県北杜市にまたがる赤岳(標高2,899m)へ。
八ヶ岳連峰の最高峰を目指して登っています。

s-IMGP0548.jpg

s-IMGP0549.jpg

s-IMGP0551.jpg
鎖場は、登る人、下る人、ゆずり合いながら‥。

岩場を登ってきました。もう少しで頂上です。

s-IMGP0553.jpg

s-IMGP0554.jpg

頂上(標高2,899m)へ到着です。
ここは信仰の山、赤嶽神社に神様が祀られています。

s-IMGP0559.jpg

s-IMGP0561.jpg

頂上から赤岳頂上山荘へ。ここでお昼にしたいと思います。
丁度12:00位かな。おなかが空いてきました。

s-IMGP0564.jpg

頂上から「横岳」方面へ。霧の中に山荘が見えてきました。
気温は13℃、強風が吹いていて、とても寒いです。

2013年07月14日

八ヶ岳「赤岳」山行。②[風景]

2013.7/7

長野県と山梨県北杜市にまたがる赤岳(標高2,899m)へ。
八ヶ岳連峰の最高峰を目指して登っています。

行者小屋から、文三郎道へ。長い急坂を登っています。

s-IMGP0540.jpg
赤茶けた土、石がごろごろした道です。

s-IMGP0543.jpg
深い霧の中、階段を息を切らしながら上へ上へ。
気温は14℃くらいかな?寒くなってきました。

s-IMGP0544.jpg
分岐に到着です。霧のため、何も見えません。

「赤岳」頂上を見上げると、こんな感じ。

s-IMGP0545.jpg

いよいよ頂上直下の岩場まで来ました。

s-IMGP0547.jpg

ここからは、鎖場が続きます。三点支持を心掛けて、
慎重に登って行きます。

2013年07月14日

八ヶ岳「赤岳」山行。①[風景]

2013.7/7

長野県と山梨県北杜市にまたがる赤岳(標高2,899m)へ。
八ヶ岳連峰の最高峰を目指して、野沢温泉を朝4時に出発
しました。

諏訪ICをおりて、茅野市の美濃戸へ。有料駐車場へ車を停めて
6:50頃から山頂を目指します。

s-IMGP0532.jpg
美濃戸山荘(標高1,700m位)です。
晴予報でしたが、あまり天気はよくないです。

ここから、南沢と北沢にコースが分かれます。私たちは南沢の
行者小屋へ登っていきます。

s-IMGP0533.jpg

s-IMGP0534.jpg
空気はひんやりして涼しいです。川沿いの林の中を上へ上へ。

雲の切れ間から「横岳」が、うっすらと見えました。山頂付近は
霧の中のようです。ちょっと心配です。

s-IMGP0537.jpg

行者小屋(標高2,350m位)に到着しました。

s-IMGP0538.jpg
ここは、美味しい水・トイレ・食事、もちろん宿泊も
できます。この先は山岳ルートなので、長く休憩します。

今日はのんびり、天候の回復を祈りつつ登り続けます。

<<前のページへ | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |